忍者ブログ
動画・写真紹介、その他近況報告、夢の内容、言い訳等
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回の追記は、あくまで医療機関に頼れないゲーム的な状況を想定した意見なので、怪我をしたら患部を水で洗うにとどめ、下手に市販の消毒液は使用せずに病院へ行くべきだ。

ちなみにハワード・Pの親父が電動カンナで薬指の爪部分と小指の第一関節より先をさっくりと削り落とした事があった。本人は慌てず119番通報、患部を冷やして救急車を待ち、事なきを得た。周りの人間のほうが動揺していた。通報時は冷静になるのは難しいかもしれないが可能な限り落ち着いて、住所と対象者の氏名と性別、年齢、状況を事実のみ伝える必要がある。病気等で救急車を呼ぶ場合なら過去の病歴、直前までの状況も。

後日、親父の回復状況を観察できたが、人間の快復力はかなりの物だと思った。救急医療の対応も良かったのだろう。薬指は爪も生えてきていた。小指は詰めたみたいになったが本人は気にしていない様子。形成外科医の話では足の小指を移植するという案もあったようだ。
親父の怪我の時とは別にも身内の心臓麻痺、その他の状況で現代の救急医療制度には大変お世話になっている。言葉に表せないくらい感謝している。ピンチの時ほど自己診断せずに医者を頼るべきだ。

身内が倒れた時に私が通報したことがあったが動揺でそのときのことはおぼろげにしか思い出せない。本人は休んでいれば大丈夫などと言うものだが、即座に通報し救助を求める必要がある。本人が気弱になっている場合もあるので常に落ち着いた声で話かけ、励ます必要もあるだろう。一番動揺しているのは本人だ。私の身内の場合は救急車の中で声をかけ続けたが、一、二度意識を失っていたらしい。

心臓発作だった。後で聞いた所によると、原因はなんであれ意識の状態、脈などを確認しておく方が良いらしい。
初期処置中など家族に電話連絡する場合は可能な限り落ち着いて話すことも重要だと思う。連絡相手が来る途中に動揺と焦燥で事故を起こす可能性もあるからだ。

文章が散漫になって申し訳ない。多分私のSAN値が減少気味なのだろう。
この文章を読んで不幸な事態に遭遇しても助かる人が僅かでもいることを祈る。

拍手

PR
Comments to this article.
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback to this article
This article back on track:
最新CM
[10/24 ivgszghybb]
[06/08 イーヴル]
[06/07 イーヴル]
[03/08 Noname]
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ハワード・P
性別:
非公開
自己紹介:
ハワード・Pはアーカムの住人である。
すばらしい名前を与えられ新しい人生を歩み始めた。CoCPだったころの自分はもういない……
夢は雪歩、千早、真、律子たちとTRPGの卓を囲むことである。
実現への道を一歩進み始めた……のかもしれない。
いあいあ。
バーコード
アクセス解析
最新記事のフィルム
忍者ブログ [PR]